じょにいじょにい

副業コンサルタント“じょにい”です

シナモンシナモン

アシスタントのシナモンです

 

今回は

FXは難しすぎる!

失敗せずに儲ける

おすすめの方法ってないの?

というテーマでお送りします。

 

 

あなたはFXに

どんなイメージを持っていますか?

 

 

「FXって難しすぎるし

 絶対儲からないよ」

「リスク高いし、大損しそう」

といったイメージでしょうか?

 

 

たしかに

FXにはリスクがありますが、

リスクがあるのはFXに

限ったことではありません。

 

 

どんなことでも

やり方を間違えると

失敗するのは当たり前。

 

 

FXも含めて投資というと

「一発逆転か大損害」

のような派手なイメージを

持っている人もいるでしょうが、

そんなギャンブルのようなやり方は

絶対におすすめしません!

 

 

リスクがあることを認めつつ

なるだけリスクを最小限におさえ、

コツコツと取り組んでいくのが

FXのおすすめのやり方。

 

 

そのためには

どんな知識が必要でしょうか?

 

 

またFXは難しすぎて

失敗せずに儲ける

おすすめの方法は

ないんでしょうか、

それともあるんでしょうか?

 

 

これからFXを始めようとする

初心者にもわかりやすく

説明していくので、

最後まで読んでくださいね。

 

 

じょにいじょにい

それではいってみよう!

 

FXは難しすぎる?株式投資との違い

FXの他にお金を増やす方法として

代表的なものに株式投資がありますが

FXは株式投資と何が違うんでしょう?

 

FXは難しすぎるのか?

 

 

詳しく見ていきますね。

 

 

24時間取引ができる

FXは株式投資とは違い

24時間取引ができます。

 

 

株式投資は基本的に

昼間しか市場は開いていないので

普通に昼間働いている人にとっては

積極的な取引は難しいですよね。

 

 

でもFXなら

24時間いつでも取引できるので、

仕事が終わってからでも

十分に取り組んでいけます。

 

 

少ない資金で大きな取引が可能

少ない資金で大きな取引が可能なのも

FXが株式投資とは違うところです。

 

 

FXは

証拠金取引という形をとることで、

少ない資金でも大きな取引ができる

仕組みになっています。

 

 

株式投資にも、

信用取引という仕組みがあるので、

もともとの資金よりお大きい金額の

取引を行うことは可能ですが、

その倍率はせいぜい3倍程度。

 

 

これがFXの場合だと、

もともとの資金の

何十倍もの取引ができるんです。

 

 

シナモンシナモン

ただし取引額が大きいと

リスクも大きくなるから

注意してね!

 

 

相場の変動性が高いのはどっち?

FX(外国為替証拠金取引)と

株式投資を比較したとき、

相場の変動性が高いのは

どっちでしょうか?

 

 

実は相場の変動性については

株式投資の方がはるかに上です。

 

 

株式市場においては、

株価が1年で倍になったり、

半分になったりするのは

さほど珍しいことではありません。

 

 

ですが外国為替市場で、

レートが1年で倍になったり、

半分になったりするのは、

かなり特殊な場合なんです。

 

 

ただし全体の流動性では、

外国為替市場は

株式市場をはるかに凌駕します。

 

 

2019年4月中のデータによると

1営業日の平均取引高は

なんと6兆5,900億ドル!

 

 

これは

1米ドル=108円換算で計算すると

711兆7,200億円にもなります。

 

 

これに対し、

東京証券取引所の

1営業日の平均売買代金

は3.3兆円(2018年度)

にとどまっています。

 

 

また何千という銘柄のある

株式市場と違い、

外国為替の取引通貨ペアは

それほど多くないので、

一つの通貨ペア当たりの

取引量がどれだけ多いかを

理解するのは容易です。

 

 

それと株式市場の場合、

なにかニュースがあった銘柄は

すぐにストップ高・ストップ安になり、

売り買いができない状況に陥ります。

 

 

ところが外国為替市場は

取引所を介さない取引なので、

ストップ高・ストップ安もなく

どんな時も取引が可能。

 

 

同時多発テロの時も、

激しい値動きはあったものの、

取引ができない状態には

なりませんでした。

 

 

FXでは「どうやって失敗せずに儲けるのか?」3つの基本

FXでは実際に

どうやって失敗せずに

儲けるんでしょう?

 

 

儲けるための

3つの基本について説明しますね。

 

① 市場の仕組み・取引の方法・
 通貨の特徴などの知識

② 値動きを予測する分析力

③ リスクコントロール

 

FXで儲けようとするとき

この3つが最も重要と言われています。

 

 

取引に関する知識

取引に関する知識は

どのようなものが

あるでしょうか?

 

 

取引に関する知識は

大きく二つに分けられます。

 

 

一つ目は

外国為替証拠金取引の仕組みなど

「商品概要に関する知識」

 

 

リスクの認識や取引時間、

売り買いどちらからでも

取引可能といった

商品の特徴を把握します。

 

 

特にリスクについては軽く考えず、

十分に理解して大きな損失を

出さないようにするべきです。

 

 

そしてその次に重要なのが

「外国為替市場に関する知識」

 

 

外国為替市場は

いろいろな取引参加者が

いろいろな理由で

取引を行っているので、

取引参加者の動向によって

時間や季節的な動向、

通過ペアごとの特徴などが

生まれたりします。

 

 

そういった知識を

身につけているかどうかで

勝率は大きく変わってくるのです。

 

 

分析能力を身につける

FXで儲けようとするなら

実際の市場の動きを予測する

分析能力を身につける必要も

あります。

 

 

市場の動きを予測する方法は

大きく分けて

「ファンダメンタル分析」

「テクニカル分析」

という二つの方法があります。

 

ではその二つの分析方法を

一つずつ、

詳しくみていきましょう!

 

 

ファンダメンタル分析

ファンダメンタル分析とは

どのような分析方法でしょうか?

 

 

ファンダメンタル分析は

外国為替市場を取り巻く

世界の経済状況を分析し、

今後の需給の流れを予測する

分析方法です。

 

 

為替レートを決定するものは

各国の通貨の需給ですが、

需給を生むものには

貿易、投資、旅行など

多くの事項があります。

 

 

これらの状況を把握し、

その変化を予測することで

各国通貨の需給の変化を見極めるのが

ファンダメンタル分析です。

 

 

たとえば該当する国にとって

良いニュースが報道されれば

通貨の価値は上がるし

一方で、悪いニュースが流れれば

通貨の価値は下がる傾向にあります。

 

 

そのため、

ファンダメンタル分析を行えば

FX取引の正しい戦略を

立てることができるのです。

 

 

株式投資の場合は、

投資銘柄の属する業界の状況など、

特殊な知識が必要になってきますが、

外国為替市場の場合は

世界全体の経済状況をもとに相場が動いています。

 

 

なので

ごく一部でしか通用しない特殊な知識よりも、

一般教養として為替以外でも役に立つ

世界経済の知識が必要になってくるんです。

 

 

ファンダメンタル分析の利点は

相場の流れ(トレンド)を

生み出している材料を

はっきり認識できること。

 

 

材料がはっきりすると、

その状況の変化などにも

対応しやすくなります。

 

 

プロのディーラーなら

通信社から送られてくる

世界中の情報を一般人よりも

早く知ることができるので

即時情報の面では個人は不利ですが、

最近では取引に必要な情報が載った

インターネットサイトも

充実しています。

 

 

テクニカル分析

次にテクニカル分析について

説明します。

 

 

テクニカル分析は

過去の動きをチャートで表し、

その動きを分析することで

今後の展開を予測する方法で、

以下の3つが前提になっています。

 

  1. 市場の動きはすべての
    材料を織り込んでいる。
  2. 価格の動きはトレンドを形成する。
  3. 歴史は繰り返す

 

値動きだけを

機械的に追いかけたチャートですが

為替取引という人間の行動が

その裏にあります。

 

 

取引参加者の行動は

そうは変わらないという前提のもとに

「過去に同じような場面があれば、

その後も似たような展開になる」

というのが基本的な考え方です。

 

 

テクニカル分析のメリットは、

ファンダメンタルと違って、

経済に関する情報や知識などが

全くいらないということ。

 

 

外国為替市場は、

基本的に誰でも入手できるオープンな材料

(経済統計や世界的なニュースなど)

で動く公平な市場ですが、

それらを全て確認するのはすごく大変です。

 

 

テクニカル分析は、

そういった材料はすべて

これまでの値動きに織り込まれているとして

その値動きのパターンを研究し

今後の取引に活かそうというもの。

 

 

通信社の専用端末を備えた

プロの投資家と、

一般の個人投資家では、

たとえ誰でも入手できる材料であっても

入手までのスピードには

差が出てきます。

 

 

しかし値動きの情報なら、

一般の人でも簡単に入手できるので

立場の差ではなく、

個々の分析能力の差が

勝率の差になるというわけです。

 

 

ただし、

経済指標の発表、

突発的なニュースへの対応は

テクニカル分析だけでは

遅くなるというデメリットはあります。

 

 

なお、テクニカル分析には

大きく分けて

「トレンド系」「オシレータ系」

二つのパターンがあります。

 

 

市場の大まかな流れを見極めるのが

「トレンド系」。

 

 

相場は一気に一方向へ進むのではなく

細かい上下運動を繰り返しながら

結果的に「上がっていた」

「下がっていた」という場合が

ほとんどです。

 

 

値動きを細かく追い過ぎると

どっちへ向かっているのか

わからなくなるので

値動きを平準化したりして

相場の方向性を探るわけですね。

 

 

そのトレンドの強さ、過熱感を

図るのが「オシレータ系」

 

 

トレンドに乗って投資するのが

取引の基本ではありますが、

そのトレンドもいつかは終わり、

反転します。

 

 

このようなトレンドの変化の兆しを

敏感に察知しようとするのが

オシレータ系テクニカル分析の

特徴です。

 

 

いずれにせよ

「トレンド系」「オシレータ系」の

どちらか一方のテクニカル分析

だけを見るのではなく、

投資スタイルに合わせて

テクニカル分析を組合わせて

考えることも大事だと

覚えておきましょう!

 

 

資本管理能力を身につけてリスクを最小限に!

FXをやる上では

資本管理能力を身につけて

リスクを最小限にする

必要もあります。

 

 

投資した資金に対し、

取引金額がどの程度あり

どんな値動きがあって

どれくらいの損失が出る

可能性があるのか?

 

 

こういった

リスクコントールができていないと

たとえ勝ち続けていても

一回の負けで全て失うかも

しれないんです。

 

シナモンシナモン

こわ!

 

しかしながら

損を恐れすぎても

大きな収益を得ることは

できません。

 

 

取引においては負けることもある

ということを認識した上で、

一回当たりの負けを最小限に

していくのが

FXで儲けていくための基本です。

 

 

まとめ

今回は

FXは難しすぎる!

失敗せずに儲ける

おすすめの方法ってないの?

というテーマで

お送りしてきましたが、

いかがでしたか?

 

 

FXは難しすぎると思っていた人も

知識が深まったことと思います。

 

 

FXに限らず、

どんなものにもリスクはあります!

 

 

なので、

絶対に失敗せずに儲ける方法など

あるはずはありませんが、

リスクを最小限におさえ、

コツコツと儲けていく

おすすめの方法ならあります。

 

 

私もまだまだ未熟ですが

しっかり勉強して

有益な情報を発信していこうと

思っていますので

あなたも一緒に頑張りましょう!

 

 

メルマガ会員募集中!

 

「じょにいの副業メルマガ」

始めました。

 

 

最新の副業情報はもちろん

副業についての裏情報など

配信していきますヨ!

 

 

メルマガ登録は無料だし

配信解除はいつでも可能なので、

お気軽に登録してくれると

嬉しいです(^^♪

 

じょにいの副業メルマガに登録して最新副業事情をGET!

 

無料相談受付中(^^♪

 

只今、無料相談受付中です!

 

じょにいに無料で相談してみる

 

今までに、数々の副業を 

経験してきた私が 

おすすめする副業について 

お知りになりたい方は 

こちらからご相談ください。 

副業に関するお悩みも 

お気軽に! 

 

じょにいじょにい

副業コンサルタント”じょにい”でした(^^)/